「しゃべれどもしゃべれども」で知る笑いの緊張と緩和

普段はビジネス書や政治、歴史ものなどを読むことから、時折、軽快で明るい小説を読みたくなります。 その中でまず真っ先に思い浮かんだのが、佐藤多佳子さんの「しゃべれどもしゃべれども」です。 話しは割とシンプルです。 主人公は二ツ目落語家である今昔亭三つ葉。 人とのコミュニケーションや、話し下手な人間が自分を克服するために主人公の元に落語を習いにくる、というお話なのです。 出てくる人物が実にイキイキと描かれていて、ゲラゲラと笑いながら読んでいました。 主人公の元を訪れる人物は4人。 対人恐怖症で仕事を辞めざるを... Read More

見えない貌 夏樹静子

出会い系サイトとネット社会、裁判の行方で事件が様々な方向に展開する推理小説です。 文庫本で600頁を越えるのですが、一気に読み進められた作品です。心が通じ理解し合っていると思ってた24歳の娘、結婚して3年目で幸せな家庭生活を築いている疑わなかった娘。こまめなメールで情報交換が続いていて、本当に親孝行な娘だったのです。 そんな娘が行方不明の末、ダムに沈められた刺殺死体となって発見されます。母親は、普段使用していた携帯電話とは違う隠された携帯メールから娘の本当の貌を知り愕然とします。警察には届け出ず、娘の携帯... Read More