男たちの大和

私が今回お薦めしたい作品は『男たちの大和』です。 映画のシナリオを小説にした太平洋戦争時に活躍した戦艦大和に乗り組んだ人達の話です。 ある女性が、鹿児島県の枕崎で大和が沈んだ海域に船を出してくれる人を探しています。 それを聞き入れた老人は、女性の父親のかつての部下でした。 主人公はまだ10代後半の少年兵であり、仲間もまた同じような年齢で大和に乗り組み、それぞれの配置で切磋琢磨していきます。 上官との厳しくも温かい交流、家族との別れ、窮地の沖縄へ飛行機の護衛無しでの海上特攻作戦。からくも生きて帰ってきた主人... Read More