空飛ぶタイヤを読んで面白かったこと

空飛ぶタイヤは、かなり面白い小説です。池井戸潤さんの作品らしく、前編に渡ってストレスの中読み進めていくということになります。しかし、このストレスというのが、いい緊張感になって楽しくなってしまいます。さらに、緊張感の中にも、時々起きる好転がとても病みつきになってしまう感じになっています。 この小説は、運送会社の車からタイヤが外れてしまいそのタイヤに惹かれた主婦が死んでしまい、整備不良の事件なのではないかと疑いをかけられるところから始まります。 そして、実際には、整備不良ではなく、その自動車会社の機能的なミス... Read More