いとうせいこう「想像ラジオ」で知った3.11

私のおすすめの一冊は、いとうせいこう著作「想像ラジオ」です。「想像ラジオ」は、読み手に語りかけるような、まさに、ラジオを聴いているような気持ちになれる文体です。たわいのない会話から始まるラジオですが、ただのラジオではなく、そこには時間も日にちも関係の無い、特別な場所から流れていることが、示唆されます。 そして、本を読み進めているうちに、その物語が、東北大震災と関係していることがわかります。 物語は、亡くなってしまった人、生きている人の交互の想いを吐露するように進んでいくのですが、そのふたつすらも、どんどん... Read More