偉大なるしゅららぼん

偉大なるしゅららぼんは著者、万城目学さんが書いた現代を舞台にした作品です。 日常の中で起こる平凡な毎日ではない、非日常を書かれていて少しファンタジーな作品になります。 私は万城目学さんの小説が大好きです。彼の作品はとても、ユーモアが溢れていてとても良い意味で独特で小説の中に出でくる主人公やキャラクター達もとても個性が強く、読んでいる側がワクワクします。 偉大なるしゅららぼんは、湖の民と呼ばれる琵琶湖に代々住む家系のお話を描いた作品です。最初小説の題名が目に入ってきた時に、「何だ?!この題名は?!」と驚きま... Read More