買取比較サイトを使って本を売る

いまやチェーン店から個人店まで多くの店がある中古書店。
読み終わった本やもう必要のない本を処分するときに重宝しますよね。

でも、古本市場にBOOKOFF、駿河屋にネット書店……。
これだけあると、どの店に売ったらいいのか分かりません。
そもそも、これだけの店があって何が違うの?

そんなことを疑問に思う方もいるでしょう。
そこで!今回は、買取比較サイトの特徴と使い方をお伝えします!
買取比較サイトはこちら:買取比較帳

買取比較帳を使うメリットとしては、なんといっても買い取り幅が広いこと!
例えばブックオフでは、人気書籍は積極的に買い取りを行うものの、それ以外の本はないがしろにされがちです。

中には、1500円で買ったハードカバーの本を10円で買い叩かれた人もいるとか……。
しかし、ネット上のお店では、人気書籍以外の買取額を高めにするお店もあります。
なぜなら、買い取りシステムがお店ごとで違うからです。
POSシステムを使用し、店舗やオンラインストアの相場や在庫、需要を確認しながら査定を行っています。

店舗を構えているお店では店舗の在庫に対してと本の状態を中心に査定をするといわれています。
よって、ネット上のショップではいかに在庫過多であろうと本自体に相応の価格をつけて買い取ってくれるのです!
もちろんメディア化原作コミックなど、高く売れそうな人気書籍は他より高価格がつきます。
しかし、それ以外の本もそれなりの値段で買い取ってくれる書店は有名でないところも多くなかなか見つけることができません。

買取比較サイトでは各ショップの買取価格を一覧で表示されているので、マイナーなお店でも高く売れるお店を見つけることができます。
そのおかげで、本の買取以外のCDやゲームを売りたいときにもネット上で簡単に高く売れるお店を調べることができます!
本は当然のことゲーム、CDに至るまでマイナーから海外からのインポート品も査定することができるので、思わぬ廃盤品などが以外に高く売れることがわかったりします。

また買取比較サイトではお店の数が多いので必然的に買取できる商品が多くなります。
この買い取り幅の広さのおかげで、店舗に持ち込むよりも便利といえるでしょう。

ただし、デメリットはあります。
それは、特に人気書籍はさっさと売らないと値段が変動して査定した時よりも安くなってしまうことです。
この点は買取比較サイトにも各業者のホームページも注意事項として記載されています。

人気書籍に特化した買取価格を高めにだしている古書店や漫画専門は、少しでも人気に陰りがでると値段を下げないと経営が成り立たない問題があるからでしょう。
そのため、値段の変動が速いので、のんびりしている人には査定した時と違った値段になってしまう可能性があります。

いかがでしょうか?
お役立ちいただけましたでしょうか。買取比較サイトを利用して様々な店の特徴に合わせて、上手にやりくりできると良いですね!