スリルを求める方には雫井脩介「火の粉」がおすすめ

雫井脩介さんの火の粉、こちらの作品は、ユースケ・サンタマリアさんが主演で、テレビドラマ化され話題になりました。

わたしもテレビドラマをみていましたが、ドラマと原作は内容が少々異なるようです。ドラマしか知らない方には、ぜひ原作も読んでいただきたいと思います。

ある一家を惨殺した容疑をかけられた男。その男は裁判で、証拠不十分なことから無罪と判決を下されました。

その無罪判決を下した裁判官の隣の家に、事件の容疑者となった男が引っ越してくるところから物語が始まります。

自ら無罪判決を下したにも関わらず、その男にどうしても疑惑の目を向けてしまう。そんな裁判官としての自分と葛藤しながらも、身の回りで不可解なことが巻き起こります。

こんなシチュエーションにドキドキハラハラしながら、物語はテンポよく進んでいきます。

こちらの作品は、小説の中でも少し厚みがあり、少し敬遠してしまうかもしれません。しかし、読書が苦手なわたしでも、展開が気になってあっという間に読んでしまいました。

謎解きミステリーではありませんが、物語の最後まで緊迫感が途切れないので、普段、ミステリーやサスペンス小説を読む方におすすめしたいと思う作品です。